【オンラインセミナー参加者募集】「JCC ナレッジセミナー 01」 開催のお知らせ

2021年12月16日

ジャパン・コスメティックセンター(JCC)はエグゼクティブアドバイザーによる講演を1月と3月の2回に分け、オンライン開催いたします。

1月のテーマは化粧品原料の有用性評価や人類が発する「におい」との付き合い方として
デオドラント機構・製品の進化、そして日本の化粧品処方の強みと弱みについて分かりやすくお話いただきます。
化粧品に関する知識を習得し、理解を深める機会として是非ご活用ください。

〇日 時
 ライブ配信:2022年1月21日(金)14:00~16:00 
 オンデマンド配信:1月27日(木)~2月3日(木) 

〇会 場
 ウェビナー形式によるライブ配信(終了後はオンデマンド配信)

〇内 容
 JCCエグゼクティブアドバイザーによる講演
 ・岡野 由利 氏  株式会社CIEL 取締役
  テーマ:「化粧品原料の有用性評価の実際」
  要 旨:機能性化粧品に対するニーズはまだまだ大きく、それに応えるべく新しい原料の開発が盛んに行われています。
      そういった機能性原料が実際に皮膚にちゃんと作用するのかといった評価を、
      どのような手順や手法で実施するのかということをお話しします。

 ・神田 不二宏 氏 武庫川女子大学 薬学部 健康生命薬科学科 客員教授
  テーマ:「人の「におい」とどう付き合っていくか」
  要 旨:人類誕生以来、そして人類が存続する限り我々は人が発する「におい」とは永遠に付き合っていくのでしょう。
      デオドラント機構・製品はどのように進化したきたか、これからどうなっていくのか、私の私見をご紹介します。

 ・南野 美紀 氏   株式会社ベルヴィーヌ 取締役副社長
          武庫川女子大学 薬学部 健康生命薬科学科 客員教授
  テーマ:「日本の化粧品処方の光と影」
  要 旨:世界では「日本の化粧品は技術が高く高品質である」という認識があるが、本当にそうなのでしょうか?
      飽和している日本市場やグローバル市場に新しい化粧品を送り出すヒントになればという想いで、
      日本の化粧品処方の強みと弱みを紐解きます。

〇参加費  無料(会員・非会員とも)

〇対 象  JCC会員および入会にご関心のある方

〇申込方法 1月14日(金)までに下記URLよりお申し込みください。
       https://forms.gle/fuZPBgapfvpnTftJ8
       開催前にご登録いただいたメールアドレス宛に参加URLをお送りします。

■お問合せ先
 一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター 担当:松永
 TEL:0955-53-8700  E-mail:matsunaga@jcc-k.com